ケアマネジャー 勤務先

ケアマネジャーの勤務先の種類について

高齢社会が進む中、高齢者、またはその家族にとってケアマネジャーの存在は必要不可欠となっています。高齢者の「自立支援」、「尊厳の保持」に重きを置き、適切なケアプラン作成、そして見直し、再作成と日々奮闘しています。

 

具体的に、ケアマネジャーの勤務先の種類について説明しましょう。在宅で介護を受ける利用者のお宅を訪問し、相談助言、ケアプラン作成をするケアマネジャーの勤務先は「居宅介護支援事業所」です。

 

ここでは、介護保険の利用管理をしたり、地域資源についての情報をキャッチしサービス提供に反映させたりします。地域のサービスなどにも敏感でいなければなりません。元々幅広い人間関係が好きで色んなことに顔を出したい方にとってとても刺激的な職場となるでしょう。まさに、介護のコーディネーターです。

 

在宅での働く場は他にもあります。「在宅介護支援センター」は各市町村内に設けておりその窓口でケアマネジャーは民生委員と協力して要介護者やその家族の相談助言にあたります。

 

「地域包括支援センター」は各市町村の市役所に設けられた窓口で、ケアマネジャーはそこで要介護者やその家族の相談助言にあたります。

 

「小規模多機能型居宅介護」は、在宅で介護を行っている家族が負担軽減の目的などで要介護者が短期入所する施設で、ディサービスの設備があります。訪問介護の派遣も行う一体型施設です。

 

主な仕事はケアプランの作成と相談助言です。「認知症対応型共同生活介護」では認知症の方が5〜6人で共同生活を行っている場所にケアマネジャーが出向きます。ここではケアプラン作成をしながら、相談助言のほか介護援助をおこなうケアマネジャーの姿が見られます。

 

ケアマネジャーが施設で働く場合はどうでしょうか?「介護老人保健施設」は、リハビリを目的とした入所施設でケアマネジャーの多くはケアプラン作成と相談業務を行っております。時にはリハビリのお手伝いをすることもあります。

 

「特別養護老人ホーム」は、介護度が重く一人では生活が出来ない要介護者が入所している施設でケアマネジャーの主な仕事はケアプラン作成と相談助言となっています。

 

それぞれの職場に「介護事務員」がいない場合は、介護給付費請求書作成などの給付管理をする場合もあります。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック