ケアマネージャー試験

ケアマネージャー試験〜通学・通信・独学のメリットとデメリット

ケアマネージャーの試験は難易度が高い!

巷で人気が高まっているケアマネージャー試験ですが、近年はその合格率の低さが指摘されるようになりました。

 

ケアマネージャーの試験が始まった当初は40パーセントを超える合格率だったのに対し、近年は20パーセントを切る合格率になった年もあり、年々難易度が高くなっていることが分かります。

 

このため、ケアマネージャーに合格するには試験対策を意識した勉強方法が必要とされ、あちこちで合格のための勉強法が公開されています。どんな勉強方法がいいのかをまとめてみました。

 

独学での勉強は難しい

冷やかしで受ける人のことを考えれば「合格率の統計はあてにならない」という意見もありますが、ケアマネージャーの試験は「最近はひっかけ問題が良く出るようになった」などの話もあり、難易度そのものが上がっていることは事実の様です。

 

このくらい難易度が高い試験を受けることを考えれば、自分でテキストを選んで勉強をする独学よりも、ある程度は他人の力を借りて学ぶことができる「通信講座」「通学講座」を利用した方が効率はいいでしょう。

 

もし、あなたが「時間の融通がきく学び方を」と考えるなら、通信講座がオススメ。通信講座なら、自宅でいつ勉強をするのかを自分で選ぶことができますので、仕事と並行しながらでも十分に学習をすることができます。

 

ただ、やはり自宅での勉強だと「つい学習を先延ばしにしてしまう」という問題点が出てくるので、そういう人には「通学講座」の方をお勧めします。

 

通学講座では仲間と一緒に勉強をするのでモチベーションが上がりますし、何よりその場ですぐに講師に質問をすることができるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

ただ、やはり通学講座は「通う」という点で時間の都合をつけなければならないなど、働いている人にとっては時間の調整が難しいという面もあります。

 

どちらがいいのかはあなた次第。まずは自分はどうやったら楽に学習ができるか?効率がいい勉強法は何か?を考えてみて、自分に合った方でチャレンジしてみて下さい。