ケアマネジャー 資格 難易度

ケアマネジャーの資格を取得する難易度はどのくらい?

ケアマネジャーの資格を取得する難易度はそう低くはありません。なぜなら、この資格を受験するにはある一定の条件を満たしていないといけないからです。

 

もともと、医療、介護、福祉の業界で働いている方がケアマネジャーを目指す場合、難易度はグッと下がります。医師、看護師、介護士をはじめとする22種類の国家資格を持っていて5年の実務経験を積めば、あとは試験勉強をして受験できるからです。

 

しかしこれらの国家資格を取得するのにはかなりの労力を要します。もっとも取得しやすい国家資格は介護福祉士でしょう。介護福祉士は、特に通学しなくても介護職員での実務経験を3年積めば受験し取得できるからです。

 

そこから更に2年介護や相談援助の実務経験を積んで、ケアマネジャーの資格を取得する方は多くいます。国家資格をもっていない場合は、介護、相談援助業務に10年以上従事し実務経験を積まなければ受験ができません。

 

そういう意味で、ケアマネジャーの資格を取得する難易度はやや高いとされています。何もない状態からケアマネジャーを目指すなら、5年から10年の長い道のりを覚悟しましょう。

 

受験条件をクリアしているということは、医療、介護、福祉分野でのキャリアを十分に積んでいるということなので、合格は近いと思います。受験に向けた学習の中には仕事上で学んだことが含まれていたり、既に知っている事柄もありやりがいを感じると思います。

 

それでも、近年のケアマネジャーの試験の合格率は20%程度になっています。高齢社会が進み、質の高いケアマネジャーを求められているからです。合格ラインは受験科目である「介護支援分野」、「保健医療分野」、「福祉サービス分野」全てにおいて約7割程度です。

 

ほどんどの都道府県がマークシート式で試験を実施するので受験しやすく、また年に1回しかチャンスがない分、受験日に向けての計画を立てやすく学習しやすいと思います。今最も注目されている介護の花形、ケアマネジャーの資格を是非取得しましょう。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック