ケアマネジャー 資格取得方法

ケアマネジャーの資格取得方法について

2013年、とうとう日本の人口の4人に1人が高齢者となりました。これからも高齢者の数は増え続け、誰もが「質の高い介護」を受けようとする時代となりました。そこで活躍するのがケアマネジャーという業種です。

 

近年で認知度、人気ともに上昇し、ケアマネジャーの資格取得を目指す方が数多くいます。ケアマネジャーは、要介護者と心をかよわせる技術を持ち、その方にあった介護プランを作成します。なんて人間深い素晴らしい仕事なのでしょう。

 

しかし、意外と知られていないのがケアマネジャーの資格取得方法です。日本では1998年、第1回介護支援専門員実務研修受験試験が実施されその合格者により初めてケアマネジャーが誕生しました。この年に一度行われる試験に合格しなければケアマネジャーの資格は取得できません。

 

そしてある一定の条件を満たしていなければ受験する事が出来ません。その条件について説明しましょう。

 

1、医師、歯科医師、薬剤師、助産師、保健師、看護士、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、栄養管理士の国家資格をもち、実務経験が5年以上、従事日数が900日以上の方。

 

2、法令に基づいた事業所で相談援助の実務経験が5年以上の方。

 

3、社会福祉主事任用資格、介護職員初任者研修に相当する研修修了者で実務経験が5年以上の方。

 

4、無資格でも老人福祉施設、身体障害者施設、ディサービスに相談援助で10年以上実務経験がある方。以上が受験資格の条件になります。

 

多くの民間企業がケアマネジャーの試験のために通信教育を提供しています。独学よりも通信教育で的を得た学習をする方が合格への近道になると思います。見事試験に合格した後は、44時間以上の実務研修を受講し、「介護支援専門員証」を登録と共に頂きます。

 

ケアマネジャーの資格は、思い立ってすぐに試験に向けて勉強できるわけではありません。関連する業種での経験を積みながら、ケアマネジャーになるための訓練をしていると思ってよいでしょう。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック