ケアマネジャー 資格取得

ケアマネジャーの資格取得者の傾向について

ケアマネジャーという業種は高齢者や要介護者の生活設計を考え最良の介護プランを作成するとても責任のあるものです。マニュアルはなく、100人高齢者がいれば100通りの介護プランを作成することになります。

 

そこで必要となるのが、利用者や利用者の家族の心の声を聴くことです。真実が分からなければ、本当の意味で価値のある介護プランは立てられません。まるでカウンセリングのような仕事が中心となります。

 

介護職員や相談員からケアマネジャーに転身する方は多く見られます。そういう方は利用者の話を聴くのが好きな方でそれを聞いて何とかしてあげたいと考えるのが好きな方でしょう。

 

稀に、介護職員をしていて、高齢者の話を聞くことが苦手であえなくその職を離れていってしまう方もいますね。利用者や利用者の家族と信頼関係を築き内なる気持ちを聞き出すことが出来る方が自然とケアマネジャーになっていたという話もよく聞きます。

 

自分が人の話を聞くのが好きかどうか?向いているかどうか?が分かるには経験が教えてくれることが多々あります。現に、看護士や介護士、相談員を経験してからケアマネジャーの資格取得をする傾向があります。

 

現場での仕事をしていて、「私がケアマネジャーなら、こういう介護サービスを提供したい。」と思うようになったら、ケアマネジャーの資格取得を目指すと良いでしょう。現場での経験も活かせますし、今度は利用者の一番の理解者となって支えることが出来ます。

 

もちろんそれだけではケアマネジャーに向いているとは言い切れません。ケアマネジャーは常に介護保険法を理解し、目まぐるしく変わる利用者の状況や新しい情報をキャッチするアンテナを持っていなければなりません。

 

元々人との関わりや外部との関わりに興味がある方はかなり向いていると思います。そしてもう一つ、利用者のプライバシーを守ることが出来る人でなければなりません。仕事上で知り得たことを他言せず、常に利用者の尊厳を守ることが出来る人でなければなりません。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック