ケアマネジャー 能力

ケアマネジャーに求められる能力とは?

ケアマネジャーには、コーディネート能力、マネジメント能力など、多様な能力が求められます。ケアマネジャーの仕事でいちばん肝心なことは、介護を希望する本人(介護認定を受けた人)とその家族が、現在の生活で陥っている不自由さ・困難さを改善に導き、生活の快適さをとり戻してあげるようにすること。

 

介護サービスのプランであるケアプランの計画作成し、管理し、介護保険による認定作業の調査なども、全てそのためにあるのです。

 

最も大切なのは、介護の専門知識はもとより、利用者や家族とのコミュニケーション能力といわれています。利用者の状況や人柄もさまざま。「インテーク」の際に、介護を必要となるまでの生活と、今後の生活や家族との関係をどのようにしていくか、ご近所との関係まで含めて、介護を希望する人びとの話を根気強く聞き、心身の状態を理解する想像力も必要です。

 

ケアプランがスタートしていても、後々のトラブルを未然に防ぐためにも、日ごろから、利用者と十分なコミュニケーションをはかっておくことは、何よりも重要です。利用者の希望をしっかりと聞きとり、介護施設やそのスタッフに伝えて実現させるコーディネート能力と、立場の異なる双方の間に立ち、お互いに信頼関係を築くマネージメント能力も要求されます。

 

利用者と介護施設との考えがかみ合わない時は、それらの統一を図るようにつとめます。 このように、ケアマネージャーには、これらの能力に加えて、フレキシブルに対応できることも要求されているのです。

 

ケアプランは、パソコンを使って作成しますから、業務処理能力も必要です。多岐にわたる書類作成がありますので、ワードとエクセルの初歩的な入力くらいは習得しておきましょう。

 

また、常に最新の介護情報を収集するなどし、利用者に対し、提供するための準備を怠りなくできることも大切です。登録したばかりで、ケアマネジャーとしての経験の少ない人、とくに若い世代の人は、得てしてコミュニケーション面で苦労することが多いようです。

 

最初は難しく思えても、実務を積むことによって、また、本人の人生体験などによっても習熟し、能力が蓄えられていくのではないでしょうか。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック