ケアマネジャー 求人情報

ケアマネジャーの効率の良い求人情報の探し方

ケアマネジャーの職場である医療、介護、福祉の現場では今その人材不足に悩まされています。求人情報誌などで、いくつものケアマネジャー募集の案内を目にします。

 

それは、「在宅介護支援事業所」、「介護老人保健施設」「特別養護老人ホーム」「認知症対応型共同生活介護施設」「小規模多機能型居宅施設」など様々です。この業界の職場はいろいろな業種の方の集まりだということを忘れないで下さいね。

 

あまりいい話ではないのですが、多くの看護師、介護職員、介護事務員などが何年かどこかに従事した後、都合で職場を変える話はよく聞く話です。私はケアマネジャーをしていますが、介護福祉士から、「前の職場はこんな感じでした、、、」といった世間話を時々聞きます。

 

そして、たくさんの要介護者が様々な施設を利用していますので、厳しい生の感想が聞けてしまうわけです。ですので、その職場の情報はいろんな所から得ることができます。いろんな職場との繋がりがあって初めて介護の仕事が成り立つので、その分情報量も増えます。

 

一番良いのは、実際働いたことがある方の体験談を聞くことです。もちろん、利用者や施設のプライバシーに関わることは絶対に聞いてはいけませんが、忙しい度合や残業があるかなどは聞いても良いと思います。そうして、自分に合っているか?が分かると安心ですね。

 

ただ、注意をしたいのが、こうして職場の話というのは回りまわっているので、自分の職場の話もどこかで誰かがしているということを忘れてはなりません。人に勧めてもらえるような、素敵な職場でありたいですね。

 

そういう方法が得る事ができない場合は、今はネットの力も借りることができると思います。職場の種類によって、仕事内容やメリット、デメリットがありますので感想などが記された記事を読むと良いでしょう。

 

一昔前は、求人情報はハローワークでしか得ることができませんでしたが、今はネットでの求人情報検索が普及しています。こちらも利用すると良いでしょう。