ケアマネジャー 役割

ケアマネジャーの役割

ケアプランについて

 

ケアプランは、介護保険によるサービスが有効に機能する事を目的として作成するものです。ケアプランを作成するのが、ケマネジャーである「介護支援専門員」になります。

 

ケアマネジャーとは、「要介護者等が自立して日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するもの」と定義されており、厚生労働省で定められて人々を指します。

 

具体的には、要支援や要介護の認定を受けた人からの相談に応じて、またこれらの人達がその心身の状況等に合わせて適切な在宅サービス、あるいは施設サービスなどを利用できるように、市区町村や居宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡・調整などを実施していきます。

 

ケマネジャー(介護支援専門員)になることが出来る人は、医師・歯科医師・薬剤師・保健師・看護師・作業療法士・理学療法士・社会福祉士・介護福祉など、保険・医療・福祉の専門職で5年間の実務経験を有し、試験に合格後、所定研修を修了したうえで認定されます。

 

また介護支援専門員は、ケアプランの作成や介護サービスの調整・管理を行うことが役割となります。

 

ケアマネジメントについて

 

ケマネジャー(介護支援専門員)は、ケアプランを作成し、それを実行することが仕事になります。これら全てを総称して「ケアマネジメント」と言います。ケアマネジメント流れをみていくと、まず利用者である要介護者・要支援者が居宅サービスの計画の作成を依頼することになります。

 

ケマネジャー(介護支援専門員)は、その作成依頼を受けて課題分析を実施し、課題分析情報を登録していきます。さらには、ケアプランにあたる居宅サービスを計画し、実際にサービスを提供するサービス事業者と連絡・調整を行なっていきます。

 

このケースでは、サービス事業者の状況により、居宅サービス計画は修正される場合もありますが、その修正を受けサービス計画は完成します。

 

ケマネジャー(介護支援専門員)は、この完成した居宅サービス計画を利用者に同意して貰い、サービス事業者に対してサービスの実施を依頼、管理していく流れになります。

 

また、利用者から変更・改善の依頼があれば、ケマネジャー(介護支援専門員)はその都度サービスに事業者に連絡を入れることが義務付けられています。

 

最後になりますが、ケマネジャー(介護支援専門員)は支払い機関である国民健康保険団体連合会、いわゆる国保連に対して居宅介護サービス計画費を請求するのに合わせ、給付管理票を作成して送付することになります。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック