ケアマネジャー 試験科目

ケアマネジャー試験の科目と出題内容について

2014年に第17回のケアマネジャー試験が実施されます。ケアマネジャーの資格は国家資格ではありませんが、5年に一度の更新を行えば永久に役に立つ、そして今この超高齢社会で最も必要とされている公的資格です。

 

高齢者が多くなり、より良い介護サービスを受けようとする流れから、ケアマネジャーの質の向上が求められています。1回の試験では44.1%あった合格率も昨年は19.0%で難易度が高いイメージがあります。

 

実際、問題が多少難しくなったこともありますが、受験者の多くは介護福祉士や看護士など働きながらの学習、受験というところに本当の理由があります。仕事と学習の両立は大変ですが、しっかり学習をすれば確実に合格できるので前向きに取り組みましょう。

 

さて、ケアマネジャー試験の試験科目と出題内容について少し説明しましょう。試験科目は大きく分けて4つあります。介護支援分野が25問、保健医療サービスの知識等(基礎)が15問、保健医療サービスの知識等(総合)が5問、福祉サービスの知識等が15問の合計60問です。全てマークシート方式です。

 

介護支援分野では、訪問介護看護に関する問題は毎年のように出ています。また、介護保険制度が改正になったことを問われることがよくありますので、改正前と改正後のことをよく理解しておくと良いでしょう。

 

保健医療サービス分野では、高齢者の疾患の特徴、認知症や感染症などを重点的に学習すると良いでしょう。福祉サービス分野では、障害者自立支援法、生活保護法、高齢者虐待防止法などの法律について、また、コミュニケーション技術、社会資源の活用、事業所関連について理解を深めておく必要があります。

 

受験をする皆さんは実務経験を5年以上持っている方達ばかりです。試験の出題範囲は広いのですが、現場で学ばれたことも活かしながらの学習はとても有効だと思います。少し試験のことを頭におきながら仕事に従事することにより、合格がまた一歩近づいてくると思います。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック