ケアマネジャー 人気

ケアマネジャー資格が人気の理由とは?

お年寄りの増加により、介護系の資格の需要は高まりつつあるようです。その中でも、特に注目を集めているのが「ケアマネージャー」の資格。

 

介護を受ける当人と、その家族にとって一番いいケアプランを立てるケアマネージャーは、「介護の道しるべ」として重要な役割を果たし、業界でも目指す人が多くなっているとか。

 

では、どうしてそんなにケアマネージャーの資格が人気なのでしょうか。その秘密に迫ってみました。

 

今後、ますます需要が広がる資格である

日本はお年寄りの数がどんどん増加しており、それと並行するように「介護制度を充実させること」が急務と言われてきました。

 

お年寄りがふえれば、介護の手が必要になるのは当たり前ですよね。介護の必要性が叫ばれると同時に、日本では介護に関する資格の一本化など多くの試行錯誤を行っています。

 

しかし、介護に関する制度や介護保険についてはなかなか一般に浸透せず、介護制度を利用したくても「何を利用できるのか解らない」と悩んでいる人がたくさんいます。

 

そのなかで、ケアマネージャーは以下の役割を担っています。
・介護を受ける当事者やその家族に、どんな制度が使えるのかを説明する
・その人と家族にとって一番いいケアプランを立てる

 

この様に、介護のとても重要な部分である「その人や家族のためにどんな介護をを施すか」を考えるのがケアマネージャーです。

 

その人にとって一番いいケアプランは何なのか、そのためにはどんな介護制度を利用すればいいのかなど、ケアマネージャーはまさに道しるべの様な役割を果たす存在。今後の介護業界に及ぼす影響も大きいため「将来性が見込める」として人気が高まっているようです。

 

また、介護サービスを提供する「居住介護支援事業所」には、必ずケアマネージャーがいることが義務付けられているため「業界にとって必要性が高い資格である」ということも重視される理由のひとつですね。

 

今は介護福祉士をはじめとする介護系の資格や、医療関係の資格を持っている人がケアマネージャーの資格を取得し、スキルアップを目指すというケースも増えているとか。
いずれにせよ「将来性」という意味でケアマネージャーの人気は高まっているのは確実です。