ケアマネジャー 現状

ケアマネジャーの現状について

ケアマネジメントの情報に特化したサイトで、ケアマネジャーへのアンケートを目にしたのですが、その結果に驚きました。2012年のものでしたが、「ケアマネジャーとしての将来に不安を感じる」人は、「非常に感じる」が52%と高い割合ととなり、ついで、「まあ感じる」が34%。(平成24年度)。「どちらともいえない」「あまり感じない」「まったく感じない」は、合計14%にとどまる結果となりました。

 

ケアマネジャーの将来に不安を感じるとした人のコメントは、次のとおりです。

 

「困難事例に手がかかるなど、精神的にきつい」「収入が増えない」「利用者とのコミュニケーション以上に、煩雑デスクワークで時間をとられる」。また、「介護報酬が上がらず、担当件数の上限が設けられており、収入の上限も据え置き。事業としての成長が望めない」「介護保険そのものの存在も危ぶまれている」という意見もありました。

 

現在、ケアマネジャーの有資格者は、50万人あまりともいわれています。もちろん、そのすべてがケアマネジャーとして働いているわけではないででしょう。

 

福祉のキャリアを積んで試験も受け、せっかく、ケアマネジャーとして職を得ても、退職してしまうケースも少なくありません。

 

どんな資格も同じですが、仕事への適性があることはたしか。一方で、介護保険の利用者からは、「知識不足」「こちらの希望がまったく伝わっていない」などの厳しい意見も、自治体の窓口に寄せられています。

 

利用者とのコミュニケーションの問題に加えて、介護保険と利用者の希望の板挟みのようになる事例も少なくないようです。

 

ケアマネジャーは、国家資格をはじめ、さまざまな福祉系の仕事の経験が5〜10年の実務経験があり、い専門性をもつ仕事ではあります。だからこそ、医療や疾病、薬剤についての知識なども幅広く要求されことは確か。

 

日々、利用者のもとに足を運び繁雑なケアプランの書類を作成しながら、さらに新たな知識を学ぶ、というのは時間的にかなりハードです。できれば、前職にソーシャルワーカー、看護師、保健師などの経験があると、より仕事に有利に反映されやすいといわれています。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック