ケアマネジャー ニーズ

ケアマネジャーのニーズはどれくらいある?

現在、長寿の親を、還暦をとっくに過ぎた子どもが介護する、などの「老老介護」が増加しており、「老老介護」から起こる悲劇のニュースも後を絶ちません。介護保険への無知から来る悲劇ともいえますが、今から12年後の2025年ともなると、介護の様相も変わってくるかもしれません。

 

多様な価値観と、はっきりした権利意識を持つ団塊世代が、2025年には、75歳以上の高齢者となります。QOL(生活の質)への意識が高い人びとですから、たとえ要介護の状態となっても、住み慣れた家での在宅医療を希望する場合が、現在よりも、多くなってくるはずです。

 

あと10年あまり後のことですから、現在よりさらに高度な在宅医療、および、介護の体制が整備されていることは予測がつきますね。この時、何よりも必要なのは、医師や看護師、ヘルパーなどと連携して、在宅医療を円滑化をはかるケアマネジャーの存在ではないでしょうか。

 

介護を必要とする人やその家族にとって、ケアマネジャーは、介護保険を利用するさまざまなサービスの中から、自分たちにふさわしいものを選んでくれたり、複雑な手続きを一任できる“介護のプロフェッショナル”。介護を受ける立場の人にとって、唯一、頼りになる存在といえます。

 

もちろん、ケアマネジャーは、在宅医療の支援を行うばかりではありません。次に挙げる施設には、必ず配置しなければならないとされています。

 

@介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)

 

A指定居宅介護支援事業所(ケアプラン作成機関)

 

B指定特定施設入居者生活介護事業所(入浴、排せつ、食事などのサービス付き高齢者向け住宅)

 

C指定小規模多機能型居宅介護事業所(通所介護(デイサービス)を利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護を受ける)

 

D指定認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)

 

いずれも、今後増加が見込まれる施設ですから、専門職としてのケアマネジャーのニーズは、さらに高まっていくと考えられています。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック