ケアマネジャー メリット

ケアマネジャーのメリットはどんな事がある?

ケアマネジャーとは、今まで家族だけが担ってきた介護を、社会全体で支援していく「介護保険制度」の施行とともに誕生した職業です。

 

業務としては、在宅医療を希望する要介護者への支援を行うケアプランの作成を行うほか、施設のケアマネジャーとして勤務するかたちもあります。専門性の高い仕事ですので、働き口の主なところとしては、下記の介護施設や指定介護業者となります。いずれも、ケアマネジャーの配置が義務付けられている施設です。

 

@介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)

 

A指定居宅介護支援事業所(ケアプラン作成機関)

 

B指定特定施設入居者生活介護事業所(入浴、排せつ、食事などのサービス付き高齢者向け住宅)

 

C指定小規模多機能型居宅介護事業所(通所介護(デイサービス)を利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護を受ける)

 

D指定認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)

 

このほかに、「老人保健制度施行」「老人福祉法改定」後、続々、開業している有料老人ホームも就職先となります。

 

これらの就職先のほかに、ケアマネジャーならではの、介護の専門知識を生かせる仕事場もあります。たとえば、福祉用具を開発する製作所や、その販売会社、保険会社などが該当します。

 

何といっても、一番のメリットは、地域包括支援センター(地域住民のための介護/福祉/医療の相談先)や介護事業者との関係性において、つねに最新の介護情報を得ることができるために、利用者に対し、質の高いサービスを提供できること。

 

介護を必要とする人とその家族の相談に乗り、意見を聞くというコミュニケーションによって、持ち得るさまざまな情報を知らせ、必要とするサービスを最大限に生かすアドバイスもできる立場になります。

 

何よりも、不生活な生活を強いられていた人びとに支援の手を差し伸べ、生活の質(ODL)を上げ、利用者に感謝されることが、ケアマネジャーはの仕事の醍醐味なのではないでしょうか。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック