ケアマネジャー 資格

西暦2000年に介護保険制度が施行され、それと同時期にケアマネジャーという業種が一気に注目を浴びるようになりました。ケアマネジャーは、元々は「介護支援専門員」と呼ばれていました。

 

当時は英語表記をするのは少々抵抗があったようです。今でもケアマネジャーの登録証には「介護支援専門員」と書かれています。社会的にはケアマネジャーという呼び名の方が浸透していて馴染みのあるものになりました。

 

第1回介護支援専門員の試験は、1998年に行われました。その時の合格率は44.1%あり、今と比べるとかなり高かったのです。年々高齢社会が進み、介護やケアマネジメントの質の向上が求められ、介護に関連する資格取得も全般的に高度になってきました。

 

1989年に国が定めた「ゴールドプラン」では、高齢者の介護をするホームヘルパーの研修制度が全国で統一されました。それまでは、介護、福祉の仕事は各自治体の職員が無資格で行っていました。

 

ホームヘルパーが活躍し出した頃、本格的に各利用者の介護計画を立てることが必要になりました。ケアマネジメントは一体誰がすればよいのでしょうか?その問題を受け、1998年に初めて「介護支援専門員実務研修受講試験」による専門家が生まれるようになったわけです。

 

まだまだ新しい生まれたての資格です。当初は、まだ介護保険制度が施行されておらず、社会福祉士や社会福祉主事といった方との役割分担などで模索しながらの作業でした。

 

しかし、2000年に介護保険制度施行を皮切りに、介護保険の中で「介護支援サービス」として組み込まれ、ケアマネジャーという業種が確立しました。ケアマネジャーの資格を持つことにより、要介護者の介護プランを立てることができます。

 

介護保険を使いながら低額で介護サービスを提供します。職業としてケアマネジャーをするのが最も魅力的ですが、自分の身内が要介護者になった時、または自分が要介護者になった時にケアマネジャーの知識があれば老後の心配がありませんね。

 

そういう意味でも今もっとも価値のある資格だと言えます。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック