ケアマネジャー 仕事

ケアマネジャーってどんな仕事?

ケアマネジャーの仕事の内容は、おおまかに分けると次の4つとなります。

 

@インテーク(初回面接)=介護を希望する人とその家族と最初に顔を合わせる。本人とその家族の心身の状態を把握し、どのような介護を必要としているかを知る。

 

Aアセスメント=保健医療サービスと福祉サービスの中で、どのような介護サービスが総合的・効率的に提できるかを選び出し、査定(アセスメント)する。

 

Bプランニング(計画立案・策定)=介護保険が過不足なく利用できるよう、総合的・効率的に編み出した『サービス計画』『個別支援計画』を作成し、介護サービス事業者や施設等との連絡・調整を行う。

 

Cモニタリング(評価)=サービスの利用がスタートした後も、提供が行われている介護サービスが適切か否かを随時、確認し、定期的に評価(モニタリング)する。要介護者と、介護者の状況をすりあわせながら、再びアセスメントを行い、プランニングを行う。

 

これらのほか、介護認定調査の申請を家族に代わって代行したり、介護保険の支給限度基準額の上限管理、介護保険の給付管理事務を行うことも少なくありません。

 

現在、ケアマネジャーは、在宅介護支援事業所に所属する「居宅ケアマネジャー」、介護老人福祉施設に所属する「施設ケアマネジャー」、地域密着型サービス事業や、地域密着型介護“予防”サービス事業を行うケアマネジャーなど、仕事をするシチュエーションの違いから、区別されることもあります。

 

「居宅ケアマネジャー」は、支援を必要としている人(またはその家族)が住み慣れた自宅での自立した日常生活を営むために必要な支援を行い、「施設ケアマネジャー」は、入所希望者の生活環境や生活習慣の確認などを行いますが、「インテーク」をはじめ、「アセスメント」はどちらも繰り返されます。

 

仕事の場は異なれど、「居宅ケアマネジャー」「施設ケアマネジャー」ともに、ケアマネジャーの仕事の本質は変わりません。

 

介護が必要な人とその家族に、介護サービスの支援を差し伸べ、よどみなく生活ができるような手助けを計画立案し、配備する、ケアマネジャーの役割は非常に重要です。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック