ケアマネジャー 重要性

ケアマネジャーの重要性

歳を重ねるにつれ「家族の介護」、「自分の介護」についての問題に誰しもが直面します。戦後間もないころは、高齢者の意志に関係なく国が高齢者の状況を見て判断し介護を管理していました。

 

後に老人福祉法が成立し多くの高齢者は国が用意した施設に入所し生涯をそこで送る時代でした。1970年代から、徐々に施設で介護を受けるより、在宅で介護を受ける方が良いのではないか?という考えに変わりました。

 

高齢社会が進む中、1980年代には、日本で初めて介護福祉士を養成する学校が設立されました。そして、ゴールドプラン、新ゴールドプランの柱として、ホームへルパーの確保、訪問看護ステーションの設置などを掲げ在宅介護の充実に重点を置くようになりました。

 

2000年には介護保険制度が導入されました。いよいよ、ケアマネジャーが中心となる時代になったわけです。ケアマネジャーは、尊厳されるべき高齢者の1番の理解者となり人生の最期を高齢者本人の希望に添えるよう支えていくという重要性を担っています。

 

多くの高齢者は、「歳をとってから周りに迷惑をかけたくない」「家族に迷惑をかけたくない」と思って生きています。しかし、本当にそれで良いのでしょうか?高齢者の代弁者になり家族との関係を友好に保つことや、誰にも話せない悩みなどに耳を傾けることが出来るのがケアマネジャーです。

 

高齢者の心の内の気持ちを知り、その方に合った介護サービスを提供できるようケアプランを立てることがまず第一歩です。そのケアプランを実施し、利用者は満足しているか?新たな問題点はないか?など常に見直しをしていきます。

 

ケアマネジャーとして頭に入れておかなければならないことがあります。それは、介護は何でもしてあげることが良いということでは決してないという事です。時には利用者の「自立」を根気よく見守ることが必要です。

 

生活、時間に追われている家族には少々無理に感じることかもしれません。しかしケアマネジャーはプロです。じっくりとその利用者と向き合い、その人らしい生活を送れるよう支えていくことが求められています。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック