ケアマネジャー 資格 取得期間

ケアマネジャーの資格の取得期間はどのくらい?

ケアマネジャー資格は試験勉強の末合格をして取得が出来るものではありません。この「介護試験専門員実務研修受講試験」を受験するにはある一定の条件をクリアしていなければならないからです。

 

受験するまでに最低5年〜10年はかかりますので、長期的かつ計画的に資格取得を考える必要があるでしょう。しかし、看護士をしながら、あるいは介護士をしながらケアマネジャー資格取得を考える方が多く、介護の仕事をしていたらいつの間にか条件を満たしていたという話も珍しくありません。

 

まず、受験資格を得るために5年かかるとい所から説明しましょう。実はケアマネジャーは医師、歯科医師、看護士、介護福祉士など全22種類の国家資格を保有している方が5年の実務経験を持っていれば、その時点で受験することが出来ます。

 

2014年までの試験では、保有している国家試験により、免除される試験科目があります。残念ながら2015年からは免除が廃止になるのでご注意下さい。

 

試験範囲は大きく分けて「介護支援分野」「保健医療サービス分野、基礎」「保健医療サービス分野、総合」「福祉サービス分野」の4科目から出題されます。医師、歯科医師は、「保健医療サービス分野の基礎と総合」が免除されます。

 

社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士は、「福祉サービス分野」が免除されます。薬剤師、保健師、助産師、看護士、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士、管理栄養士、義肢装具士、はり師、きゅう師、柔道整復師、あん摩マッサージ師は、「保健医療サービス分野、基礎」が免除されます。

 

通信講座では標準学習期間を6ヵ月としていますが、免除される分は勉強をしなくて済むので、これより早い期間で受験が可能になります。5年と数か月が最短のケアマネジャーの資格の取得期間ということです。

 

また、国家資格を保有してなくても、法令に基づいた施設などで相談援助の仕事に従事していれば、5年から10年実務経験を積めば受験をすることが出来ます。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック