ケアマネージャー 通信講座

通信講座でケアマネージャー資格を取得するメリット

ケアマネージャーの勉強は通信講座でも可能

多くの人が取得を目指している「ケアマネージャー」の資格。そんなケアマネージャーの資格ですが、実は通信講座を使って学ぶ人が増えています。

 

では、なぜ通信講座でケアマネージャーの勉強をする人が多いのかを考えていきましょう。

 

自分のペースで学ぶことができる

まず、通信講座のメリットとして「自分のペースで学ぶことができる」というものがあります。

 

ケアマネージャーの資格は、福祉・医療のいずれかの業界で決まった長さの実戦経験がなければ受験資格すら得ることができません。資格を持っていない人の場合は、10年以上の実戦経験が必要になります。

 

このため、ケアマネージャーの資格を目指す人のほとんどが「働きながら勉強をして、合格を目指す」というややり方を実践している状況です。

 

もちろん通学講座もあり、そちらを受講して勉強をするという手もありますが、働きながら講座に通って勉強をするというのは時間の問題もあり難しいため「通信講座を使って学びたい」と考える人もいるということですね。

 

通信講座であれば、勉強のペースを自分でコントロールすることができますので、仕事をしながら好きな時に学習を進めることができます。

 

試験を意識したテキストを使って勉強できる

多くの通信講座では、実際にケアマネージャーの試験に出題された過去問題を意識してテキストを作っています。このため、どんなところを重点的に勉強したらいいのか、テキストをみるだけですぐにわかります。

 

多くの試験がそうであるように、ケアマージャーの試験にも出題傾向がありますので、その傾向を意識した問題を知ることができるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

また、独学で学ぶ場合だと自分に合ったテキスト探しからはじめなければなりません。テキストにも種類がありますので、その中から自分に合ったものを…と考えると、探すのは本当に大変な作業になります。

 

でも、通信講座であればあらかじめテキストが用意されていますので、テキスト選びの手間がなくなるというメリットがあります。

 

通信講座は講座を受ける人の負担ができるだけ少なくなるように工夫されていますので、時間を有効に使いたいと考えている人には多くのメリットがあるのです。