ケアマネージャー 通学講座

通学講座でケアマネージャー資格を取得するメリット

ケアマネージャーについての勉強と言えば、最近は通信講座を多く見かける様になりましたね。ケアマネージャーの資格をとるには、まず実戦経験がないと受験資格すら得ることができませんので、多くの人が「働きながら資格取得のための勉強も並行して行う」という方法をとっています。

 

働きながら資格をとるということになると、やはり「時間の融通がきく通信講座がいい」ということになるのでしょう。しかし、一方で「通学講座」にも根強い人気があり、あえて通学講座に申し込む人も増えているとか。そんな通信講座についてまとめてみました。

 

通学講座って?そのメリットは?

通学講座というのは、企業が開講している講座に通学する形で学ぶという方法のことです。塾に通うような感覚を想像すると間違いありません。

 

この通学講座にメリットを感じ、あえてケアマネージャーの資格を取得するために通学講座を選ぶ人も少なくないそうです。

 

ケアマネージャーの資格は介護や医療の業界で決まった年数の実践経験が必要になりますので、取得を考えている人の多くが仕事と並行しながら勉強をしています。

 

「それなら通信講座の方がいいのではないか」と思われそうですが、通学講座では「誰かと一緒に勉強をするためにモチベーションが上がる」というメリットがあります。

 

自宅で一人で勉強をしていると、つい他のことに気を取られて勉強がはかどらなくなってしまうもの。でも、通学講座であればケアマネージャーを目指す仲間と机を並べることになりますので、「勉強しよう!」というモチベーションを落とすことなく学ぶことができるでしょう。

 

また、通学講座の場合は「解らないところはその場で講師に直接質問をして解決することができる」というメリットも。「ここが解らないな」と思った時、すぐに疑問を解消することができるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

通信講座とはまた違ったメリットがある通学講座は「誰かと一緒に同じ目標に向かって学びたい」と考えている人にオススメです。