ケアマネジャー 適正

ケアマネジャーの適性はある?

ケアマネジャーは、一朝一夕にしてなれるものではありません。まず最初に、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなくてはならないのですが、これも、誰でも試験を受けられるわけではなく、受験資格が定められています。

 

受験資格とは、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士などの法廷資格と5年以上の実務経験、または、社会福祉主事任用資格、ホームヘルパー2級課程修了などの資格を持ち、同じく5年以上の実務経験があること。

 

それらの資格を持たない人の場合も、所定の福祉施設などでの相談援助・介護などに10年以上の実務経験があること。これらの要件を満たして、はじめて「介護支援専門員実務研修受講試験」となるのです。

 

その後、実務研修や都道府県などへの登録などさまざまな過程があります。試験の前に、これらの経験から、ケアマネジャーへの適性が推し量られますから、福祉の仕事に身をもって接してきて、その実情や、介護を受ける人の現状をみてきたという経験がものを言う部分は大きいといえます。

 

このあたりで、すでに適性はできているといっても過言ではありません。ケアマネジャーは、基本的にケアプランを作成する仕事ですから、パソコン操作ができることも条件です。

 

けれども、ケアマネジャーは、何よりも、人とのコミュニケーション能力が重要視される仕事です。最初の「インテーク」では、介護を希望する人びとの話を、相手の立場に立ってしっかり聞きとり、心身の状態を理解する想像力と根気強さが必要です。

 

これまでの生活と介護が必要になったあらまし、これからの生活をどのようにするか、家族との関係はどのようだったのか、今後、どのように関われるか、ご近所など周囲の人とのつきあいは…。

 

利用者の希望を聞き、介護施設やそのスタッフに伝えて実現させるコーディネート能力という、立場の異なる双方の間に立ち、お互いに信頼関係を築くマネージメント能力も要求されます。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック