ケアマネジャー 最短

最短でケアマネジャーになる方法

ケアマネジャーの役割

ケアマネジャーの仕事

現在日本では、少子高齢化が急加速化し、たくさんのお年寄りを少ない働き手で支えていかなければいけません。そこで西暦2000年、介護保険制度が成立して以降、ケアマネジャーの存在が大きな注目を集めるようになりました。

 

ケアマネジャーとは字のごとく、ケア(介護)をマネジメント(管理)するプロで、高齢者の生活の根幹を支える重要な役割を担っています。

 

ケアマネジャーになるためには、各都道府県知事が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、44時間以上の実務研修を終了すると、各都道府県知事から登録証が交付されます。この登録証が交付されて、晴れてケアマネジャーになることができるのです。

 

しかしながら、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けるには、一定の条件を満たす必要があります。いくら勉強をしても、定められた条件を満たさない限り、試験を受けることは出来ません。

 

受験資格について

以下の条件を満たした方は、「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格が与えられます。

 

@特定の国家資格保持者

医師、看護士、薬剤師、社会福祉士、介護福祉士、柔道整復師、栄養士等など…計22種類のうち1つでも国家資格を保有しており、5年以上、900日以上の実務経験がある方。

 

A相談援助業務の従事経験者

法令に基づいた施設や事業所において、5年以上、900日以上、施設必置相談援助業務や法定相談援助業務等の実務経験がある方。

 

B介護業務の従事経験者

社会福祉主事任用資格、または介護職員初任者研修などを修了したうえで、5年以上、900日以上の介護業務の実務経験がある方。

 

受験資格の取得方法はどれが良い?

ケアマネジャーの資格取得

これからケアマネジャーの資格取得を目指す人にとって、先に述べた@「特定の国家資格」を取得するには、かなりの期間と労力を要してしまいハードルも高いと思います。

 

またA「相談援助業務」に関しては、ある程度経験を積まないと中々任せてもらえるものではありません。

 

そこで最も最短かつ、少ない労力で受験資格を得るためには、介護職員初任者研修を受講し、5年以上、900日以上のB介護業務の実務経験を積む方法になります。

 

この実務経験は勤務先での証明書があれば良いので、正社員ではなく、アルバイトや契約社員でも特に問題ありません。根気よく介護のアルバイトをしながら実務経験を積めば、自然と受験に必要な条件を満たすことも出来ます。

 

ケアマネジャーという大きな目標を見据えながら、将来のためのステップアップだと考え、日々介護の仕事に励むことはとても有意義な事です。

 

介護の仕事を続けながら、ケアマネジャー試験の勉強もコツコツと続けていけば、受験資格が無い方でも、最短5年で資格を取得することができます。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック