ケアマネジャー 医療知識

ケアマネジャーが医療知識を学ぶ理由

在宅医療におけるチームとは、利用者が安心して地域で暮らせるような生活を援助していくことを目的とし、各職種がそれぞれの専門分野の能力を活かし、他の職種と調整しながら目的達成のために力を合わせることを指しています。このチームには、医療モデルのような医師を頂点としたヒエラルキーは存在せず、各職種はフラットな関係性にあります。

 

リーダーとは、各職種間の調整役のことであり、多くの場合はケアマネジャーがその任にあたります。またチームで情報を共有していく仕事は、多職種の知識と技能を互いに分かち合う機会を増やし、高齢者ケアに関わる仕事をより豊かで楽しいものにしています。しかし、多職種協働を実践することの難しさも存在するのは事実です。

 

それぞれの職種の専門教育は別々に行われていますから、学生時代には異なる職種との交流機会は無く、専門養護も他職種には馴染みが少なく理解が困難な場合もあります。とりわけ医療専門用語は、介護職には分からないことが多いです。サービス担当者会議などでも、司会役であるケアマネジャーから医療職に、専門用語を多用せずに分かりやすい言葉を使うように依頼しておくのもひとつです。

 

特に医者は、顔を合わせる機会もほとんどなく、ケアマネジャーにとってまだまだ敷居が高い職種だと言えるでしょう。勉強会や地域の専門職の集まりに積極的に参加し、依頼をしやすい、顔を見える関係を築くことも、ケアマネジャーの大切な仕事の一つなのです。

 

要介護状態の原因となるのは、ほとんどのケースで、外傷か疾病であり、要介護状態の人は何らかの形で医療を必要としています。状態が徐々に悪化し、看取りの段階でも医療は不可欠だと言えるでしょう。障害のある人の生活を支えていくのは介護の力であり、生活が成り立たなくなれば医療の出る幕もあります。障害があり地域で生活をする人にとって、医療と介護はどちらも必要な存在なのです。

 

またケアマネジャーが実施するケアマネジメントは、短期的な視点ではなく、高齢者の疾患や健康状態を加味したうえで、長期的な視点で行っていく必要があります。さらに障害のある人に関わる訳ですから、生命の危険からその人を守るため最低限の知識を持っておく必要があります。

 

多職種協働においても、連携をスムーズに行っていくためには、医療や介護の専門知識は必ず必要となります。障害のある人のリハビリテーション行う際等も、医療の知識を持っていることでケアプランに反映させることが可能になります。

 

今後、亡くなる人の数は増加し、自宅や施設でも看取りは確実に増えてくるといえるでしょう。人が亡くなる時には、様々な処置が必要となります。痰の吸引などもその一つですが、国は一定の研修を受けた介護職員に対して、一定の医療行為を認めています。

 

医療行為は、本来医療職に全て任せるべきだという考え方もありますが、在宅医療を推進する立場からは、痰の吸引などは医療行為ではなく生活関連行為として介護職員の力も借りていかなければ重度の人を在宅や施設で診ていくことは出来ないのではないでしょうか。

 

このように、従来医療行為と考えられていたものでも、時代の流れに合わせ変化してきているのです。疾病構造が変化し、地域で暮らす障害のある人が増える中、ケアマネジャーにとって医療知識は必要不可欠なものなのです。