ケアマネジャー

どうすればケアマネジャーになれる?

つい最近、日本の人口の4人に1人が高齢者になりましたね。22年後には高齢者の数は3人に1人になると推定されています。世界でも珍しい超高齢社会となります。この危機的な状態を解決するために、日本政府でも試行錯誤をしています。

 

2000年には介護保険制度を施行し介護職員の人材確保やケアマネージャーの質の向上などに力を注いでいます。今このケアマネジャーの存在が社会生活の根幹を支えるものなのです。

 

ではどうすればケアマネジャーになれるのでしょうか?一般的には「ケアマネジャー」と呼ばれるこの資格は、介護保険制度上では、「介護支援専門員」といいます。

 

まずは、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けるために、実務経験など一定の条件をクリアしているか確認することから始めましょう。ケアマネジャーの受験資格に必要なものとして、医療、保健、福祉、介護分野の国家資格を持っていることが条件になります。

 

そして、これらの国家資格を取得した後に一定の日数従事し実務経験を積むことが条件になります。大きく4つに分けて説明をします。

 

1、以下の国家資格取得者のうち、在籍期間が5年以上従事日数900日以上を満たしている方。医師、歯科医師、薬剤師、助産師、保健師、看護士、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、技師装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、栄養管理士。

 

2、法令に基づいた施設、事業所などの相談、援助業務に従事していて、在籍期間が5年以上従事日数900日以上を満たしている方。

 

3、社会福祉主事任用資格、介護職員初任者研修に相当する研修修了者で、在籍期間が5年以上従事日数900日以上を満たしている方。

 

4、上記の1〜3の条件に該当しない方で、老人福祉施設、身体障害者施設、ディサービス事業所などで相談援助や介護業務などの実務経験を10年以上、かつ1800日以上の経験を有する方。

 

この条件を満たした方は、是非各都道府県知事が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けて下さい。通常、試験は年に1度、毎年10月に行われます。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック