ケアマネジャー 資格 独学

ケアマネジャーの資格を独学で取得する際の注意点

ケアマネジャーの資格を独学で取得する際の注意点として、いかに効率よく学習を進めていくかという基本的なことが重要になってきます。ケアマネジャーの受験科目には、「介護試験分野」「保健医療サービス分野」「福祉サービス分野」があります。

 

この3つの分野において学習をするには、介護保険制度、介護支援サービス論、高齢者介護論、高齢者支援論などのテキストを用意しなければなりません。

 

一つ、注意点ですが、現在医師、看護師、介護福祉士など22種類のうち1つでも国家資格を持っている方は、いずれかの受験科目を免除されるので良く調べてから学習を始めなければなりませんね。

 

多くの学習をすることは良いことですが、合格を目標にしているのであれば限りなく無駄を省いて進めていくと良いでしょう。必要となる学習内容を確認し、今年受験をするのか?来年受験をするのか?を決めて計画的に始めていきましょう。

 

独学で取り組む方に、お勧めの教材がありますのでお知らせをします。それは、日本キャリアパスアカデミーが開発したテキストです。「ケアマネ、ピタリ予想模擬試験、良くでるテキスト」という本で、全国の書店で販売をしています。

 

この本は、日本キャリアパスアカデミーの通信教育でも使用されていて、合格力をつけるためのポイントが分かりやすくまとめてあります。また、日本キャリアパスアカデミーでは、出題予想直前対策模擬試験問題8回分を販売しています。

 

通常、通信講座の一環として扱われており、答案用紙を提出すると個人成績表を作成して送ってきてくれます。提出は任意ですので、購入するだけでもかまいません。価格は27300円となっており、少し高額ですね。

 

書店で過去問題集を購入して取り組む方法でも良いかと思います。ケアマネジャーの試験にはひっかけ問題も登場します。何度もトレーニングするように問題を解いて自分の弱点を知りそれを克服して得点力を上げていって下さい。

 

失敗しない!ケアマネジャー講座を選ぶ方法

ケアマネジャー個別1

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別2

 

詳しくはこちらをクリック

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック