ケアマネジャー 資格

ケアマネジャー資格取得ガイド

ケアマネジャーとは?

ケアマネージャー

ケアマネジャーは、介護保険法において「介護支援専門員」の事を指し、各都道府県による認定資格になります。通称ケアマネジャー、略称ケアマネ、CMとも呼ばれています。

 

主な仕事は、要支援・要介護の認定を受けた高齢者(または家族)の相談内容やニーズを把握し、希望する生活を送れるように介護サービス計画(ケアプラン)を作成する事です。

 

他にも、介護サービスの利用中に、実際にそのサービスが利用者・介護者にとって適切かどうかを判断し、 再度サービスの選定や介護計画の作成を行ったり、家事などの生活負担を軽減するために、民間の介護サービス事業者や施設との調整や連携を行います。

 

ケアマネージャー仕事

 

ケアマネジャーになるためには?

ケアマネジャーは、介護系資格の中でもトップクラスに位置し、試験の合格率は毎年30%前後。難易度は少々高めですが、しっかりと事前準備をして試験に望めば、決して取得不可能な資格ではありません。

 

資格を取得すれば、全国の福祉課、福祉事務所、老人訪問看護ステーション、在宅介護支援センターといった公的機関を中心に、介護事業所、社会福祉協議会、有料老人ホームといった民間の福祉機関でも存分にスキルを活かして働くことができます。

 

資格試験を受けるためには、医療・福祉系資格の有資格者で5年、無資格であれば5〜10年以上の実務経験が必要です。下記条件を満たし、毎年10月に実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格、実務研修を修了すると、晴れてケアマネジャー資格を取得する事ができます。

特定の国家資格保持者 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士
相談援助業務の従事経験者 児童福祉施設の児童指導員、身体障害者療養施設の生活指導員、特別養護老人ホームの生活指導員、町村の老人福祉担当職員、医療機関の医療社会事業従事者など
介護等の業務の従事経験者 身体障害者更生施設、療護施設・授産施設の寮母、救護施設・軽費老人ホーム・有料老人ホーム・介護老人保健施設などの介護等の業務の従事者、知的障害者更生施設の職員など

 

ケアマネージャーになるには

 

失敗しない!ケアマネジャー講座の選び方

ケアマネージャーキャプチャ

ブラッシュアップ学び
資格の専門サイト「ブラッシュアップ学び」を活用すれば、利用者の評判・満足度の高いケアマネジャー講座を一括比較することができます。講座によって、学習内容、料金、サポートなどがそれぞれ異なります。事前に複数講座の資料を取り寄せ、比較検討をしたうえで、自分に合った講座を選びましょう。資料には現場で働くケアマネジャーの声や、体験談が豊富に掲載されており、どうしようか悩んでいる方も一度目を通しておくことをおすすめします。

 

詳しくはこちらをクリック

ブラッシュアップ学び

ケアマネジャー個別1

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

ケアマネジャー個別3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】資格としては、都道府県の認定を受ける必要があります。ケアマネージャーの仕事に就くにあたっては、都道府県に認定された上で、登録・任用というかたちとなります。具体的には、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、さらに、「介護支援専門員実務研修」の全日程をすべて受講、その後、レポートを提出。その後、登録申請し、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。ただし、「介護支援専門員実務研修受講試験」には、受験資格があります。@法定資格をもつ人は、「5年以上の実務経験を有する者」。法廷資格とは、次のとおりです。社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士。いずれも、5年以上の実務経験を有する者、とされています。A社会福祉主事任用資格、ホームヘルパー2級課程修了、介護職員初任者研修課程を修了の、いずれかの資格をもつ人。こちらも、5年以上の実務経験を有する者、とされています。B上記の法定資格、または、研修修了の資格を持たない人の場合は、所定の福祉施設などでの相談援助・介護などに10年以上、従事した人、とされています。現在、5年ごとに所定の研修を受けることによって登録を更新する、更新制度が導入されています。職種ごとに求められる能力に違いはあっても、プロであるということの尺度は、どの職種にも共通していると言えます。それは、介護業界、ケアマネジャーの世界でも同じこと。しかし、ケアマネジャーは介護保険制度とともに生まれた、まだまだ歴史の浅い職業であり、他の介護職員初任者研修資格取得者や、実務者研修等の介護職の中でも他とは少し性質が違う特殊な職業になります。決められた共通のマニュアルがある訳ではなく、また、自分が行なった仕事に対する成果や評価が分かりやすく体系化されている訳でもありません。したがって、ケママネジャー自身でさえ、一体どんな人をケアマネジャーのプロと呼ぶのか、どうすればプロになれるのか、自分は本当にプロなのか、簡単に判断するのは難しいでしょう。正解のない仕事ゆえに、自己満足に走ってしまったり、完璧を求め過ぎて疲れてしまったり、自信喪失に陥ってしまう人もいます。ケアマネジャーにストレスが溜まりやすく、燃え尽きる人が多いのは、この職業のプロがどういったものかという定義がはっきりしないまま、周囲からは当然のようにプロフェッショナルな仕事が求められるという漠然としたプレッシャーが原因なのかもしれません。そこで、当サイトでは、ケアマネジャーにおける真の意味でもプロフェッショナルとはどういう状態なのかを定義し、その定義とそこに至るまで過程を明確に示していきたいと思います。合格率30%前後という難しい資格試験を通過し、現在、実際にケアマネジャーとして収入を得て働いている人は、ある意味では、皆プロだと言えるでしょう。しかし、本当のプロフェッショナルなケアマネジャーとは、モチベーションを高く保ちつつ仕事に望み、ストレスやプレッシャーと上手に付き合いながら、しなやかに仕事をこなしていける人だと思います。そのたまには、まず、ケアマネジャーの仕事の特性と自分自身を知ることが始めのステップになります。当サイトでは、日々の煩雑な雑務に追われ、ふと疲れて立ち止まってしまったり、強いストレスに閉鎖感を感じているケアマネジャーの人々が、燃え尽きることなく、しなやかに仕事を続けていけるよう、実行して頂きたいヒントもまとめています。日本は現在、かつてない高齢社会を迎え、介護サービスを提供するうえでの中心的な存在であるケアマネジャーいは今後ますます重要な役割が期待されることが予測されます。そのような社会環境の中で、ケアマネジャーをはじめとした、介護職員初任者(ホームヘルパー)実務者研修といった介護のプロがしなやかに仕事を続けていかれること願っています。「ケアマネジャー資格取得ガイド」と同様に、医療事務資格に関しても、資格の取得情報や、通信講座の上手な活用方法などを解説している「医療事務の資格と仕事≪医療事務の資格取得を目指す方はご覧下さい≫」を運営しています。医療事務は、女性にとても人気のある資格になります。医療関係の仕事、経理や事務に興味がある方、病院で働くことを希望する方は、ぜひこちらもご一読いただければ幸いです。